カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /複雑な心境




「セイくん、ここで会うのは久しぶりだね。私の声をまだ覚えてる?」

「うん、覚えてる。今日は大雪だね」


「あっ…。あ、うん」



養護教諭の不在時に保健室で交わしたこんな些細な会話さえ、紗南の胸がドキンと弾んだ。



私はセイくんに、恋をしている。


今日まで凄く会いたくて会いたくて、仕方なかった。



今からセイくんに『会いたかったよ』って言ったら、少し何かが変わるかな。

いきなり彼にそんな事を伝えても、芸能人は綺麗な人が多いから、カーテン越しの顔もわからない一般人の私になんて興味が湧かないかな。



一ヶ月ぶりに保健室に彼が現れたのに、私はあと少しの勇気がないから臆病になった。



「もう10センチ近くも雪が積もっているから、今日はひょっとしたらあんたが会いたい人に会えるんじゃない?」

「どうかな。あれからもう六年も経ってるし、、あの時に彼と待ち合わせ場所とか細かい事を決めなかったから、多分会えないよ」



既に皆川くんからセイくんに気持ちがシフトしていた私は、彼の些細な一言で複雑な心境に陥り、少しだけ卑屈になった。


今は皆川くんが私の前に姿を現す事よりも、カーテン越しにセイくんが現れた事の方が、よっぽど嬉しかったから。



彼の声を全身で聞き取った私は、あまりにも久々の彼の声に感無量となり、閉ざされたカーテン内で想いを溢れさせながら、ポケットから出したハンカチを目に押し当て、彼にバレないようにと声を押し殺して静かに泣いた。



「ふーん。もう会えないだなんて寂しいな」



隣からポツリと小さく呟く声が私の耳に届く。


あれから随分私の気持ちは変わったのに、まだ彼は私の気持ちを知らないから、良かれと思って少し前の思い出話を語ってる。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する