カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /彼の正体




お互いの手の温もりが一つに繋がった時。


彼の歌声が、二人の間に挟んでいるカーテンを通り抜けた。



「絡み合った指先と〜♪ 」

「えっ…。セイくん、今なんでその歌を…?」



このタイミングに思い出の歌のワンフレーズを歌い始めた彼に、一瞬戸惑った。



「もう会えたよ」

「え?」


「あんたは会いたかった人に、足首が浸かるくらいの大雪の日に再会を約束したんだろ?」

「うん、そうだけど…。セイくんがどうしてこの歌を?」


「はは、本当にお前は鈍いな。俺、最初に言ったよ。《セイ》はいっせいのせいって。俺の名前の一星の星。お前が昔から会いたいって言ってくれた、皆川一星だよ」



彼の口からのカミングアウトに度肝を抜かれた紗南は、言葉を失った。




いつもカーテン越しにいた彼は、顔も素性も知らない人物ではなく…。


昔から再会を切望していた皆川一星くんとセイくんが同一人物であるという驚愕の事実を、彼本人の口から知らされる事となった。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する