カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /夢を叶えた姿




「もう、意地悪っ。私に気付いてたなら、すぐに自分が皆川くん本人だって、言ってくれれば良かったのに」

「俺は紗南が大事にしてくれていた約束を守りたかったから、仕事の予定を前に切り詰めたりセーブして、紗南と約束通りに出会う為に大雪の日を待つ事にしたんだ。いま思えば、大雪が降るかどうかもわからなかったのにな。」


「だから、セイくんと暫く会えなかったんだ。会えなかった理由が、いまようやくわかった。」

「紗南がいつ俺に気付くんだろうって、何度か意地悪をしちゃったけどな」


「あーっ。そう言えば、彼のどんなところが好きかって聞かれた事があった!」

「あはは、バレたか」


「もうっ!ヒドイよ、セイくん」



大好きな彼の声と会話のキャッチボールを繰り返していたら、涙が乾いていくうちに自然と笑顔が生まれた。



だから、不思議と気持ちが前向きになった私は、ポケットから出した星型の飴を口に含み、最初で最後の勇気を出した。



「セイくん…。ううん、皆川くん。今すぐに会いたいから、そっち側のカーテン開けてもいい?」

「…もう、いいよ」



数ヶ月間。

ずっと部屋の奥で閉ざされたカーテンが開いた先には。

私と同じく涙を流していたと思われる彼が、ベッドに腰をかけて私の方を向き、軽く開いた膝の上に手を置いていた。



目を赤くした彼の二重まぶたの目の下には、泣きぼくろが二つ。

久しぶりに目にするその懐かしい印は、間違いなく皆川くんだった。




私がずっとずっと会いたがっていた皆川くんが。

いまそこにいる。

大雪の日に私に会う為に、準備をしていてくれた事を知った。




足元に視線を落とすと、★マークの書かれた上履きを足に通してる。


六年ぶりに再会した彼は、あの時よりもずっとカッコよくなっていて。

普段テレビを見ない私までもが、何処か街中のポスターで「皆川くんに似てるなぁ」なんて思って見ていた事を記憶に巡らせた。




彼はあれから自分の夢を実現させて、KGKというグループ名で活動している人気歌手として、大いなる成功を収めていた。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する