カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /★マーク

ーーしかし。

福嶋 紗南ふくしまさなと、記録表の枠内に自分の名前を書いている最中に、一つ上の名前欄に書いてある★マークにふと目が止まった。


目線を書類の左右に滑らすが、その★マークが書いてある横一列の枠内には、それ以外の情報がない。

日付や時間やクラスや現在の症状すら空欄である。



★マークに気が留まった私は、書き終えた書類を持ったまま先生の方に顔を見上げた。



「先生。あの、これ…」

「あ、もう書き終わった?じゃあ、担任に連絡するから記録表を頂戴」


「…じゃなくて、何で私の名前の上の欄の人は★マーク以外は書いていないんですか?それ以前の人はしっかり必要事項を書いているのに」



すると、先生は前のめりに興味を湧かせる私に、柔らかく目元を細めて人差し指を唇に当てて内緒のサインをした。



「しっ、これはプライバシーよ」

「え?プライバシーって…」


「じゃあ、担任の先生にあなたが保健室に来た事を連絡しておくから、ベッドに横になっていいわよ」



記録表を受け取った先生は、私にこれ以上★マークについて詮索されぬようにと、すぐさま電話の受話器を持ち上げ、慣れた手つきで職員室の内線番号を押した。


私は★マークに何か特別な秘密があるのかとモヤモヤしながら先生に一礼し、席を立ってベッドに足を進ませた。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する