カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /同学年?

保健室には扉方向から見て左奥側にベッドが二つ並ぶ。


奥の窓際のベッドの方は、既に先客がいるようでカーテンは全て閉ざされていた。

だから、いま私が使えるのは、その隣のベッドしかない。


さっきの記録表に記載されていた私の一つ前の名前は★マークだったから、もしかしてこのカーテンの向こう側に横になってる人が★さんかもしれない。



ふと奥のベッドの下に視線を下ろすと、床には私と同学年を示すイエローのカラーが入った薄汚れた上履きが揃えて置かれていた。


明らかに上履きはメンズサイズ。

つま先部分には、本来書かなければならない名前の代わりに★マークが書いてあった。


あれ、やっぱり私の考えはビンゴかもしれない。


先生が私に内緒のポーズをしたのは、今そこのベッドに★さんが眠っているから、本人に聞こえぬよう気を使って言ったのかな。


でも、私と同学年なら知り合いの可能性があるかも。

一体、誰…?

校則が厳しいのに名前を書かないなんて、結構勇気があるな。

入学時には持ち物の紛失を防ぐ為に、全ての荷物に名前を書くように口酸っぱく言われたのに。



上履きを見て、まだ★マークの人が同学年という情報しか無いけれど、その時はカーテンの向こう側にいる人物に不思議と親近感が湧いた。


でも何で★マーク?
名字が星かな?


勝手に想像力を膨らませていた私は空いてるベッドに入り、壁側にまとめられていたカーテンを引いて、ベッドを囲むようにグルリと閉じた。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する