カーテン越しの君【完】

カーテン越しの君 /保健室に二人きり




時は進み、沈黙が続く保健室内には、私と隣のベッドの★さんと養護教諭の三人だけしかいない。



授業が始まり静かな室内には、先生がボールペンを滑らす音、服が擦れる音、椅子の軋む音や、私がベッドに寝返る鈍い音が響き渡る。





…と、その時。

ガタッと勢いよく椅子が揺れ動く音と共に、先生はベッド方向に向かって口を開いた。



「ちょっと職員室に行ってくるから、二人とも静かに寝ていてくれる?すぐ戻って来るから」

「はぁい」
「うィー」



隣の人はずっと静かだったから、てっきり寝ていると思ってたのに、まさかのハモり返事に正直驚いた。




カツカツと軽い靴音が遠退き、部屋の扉が閉まった途端、部屋には★さんと私の二人きりになった。





床に置かれていたメンズサイズの上履きと、一瞬だけ返事がハモった低い声からすると、隣にいる人物は明らかに男子と思われる。



今、沈黙した保健室内には男女二人きり。



ベッドとベッドの間には、それぞれに薄いカーテンが垂れ下がってるだけであり、非常に薄っぺらく頼りにならない境界線である。



非常に気まずい。

先生がここに戻る前に、隣の男に何かされたらどうしよう。



若い男女が狭い室内に取り残されるというまさかの展開に、良からぬ方向へと想像が湧き立っていく私は、保健室の殺伐とした空気に心を狂わされた。

0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 224
/ 40ページ
このページを編集する