好きになんか、なってやらない【完】

1章 恋は忍耐

 
「れーなーちゃん!」


きた……。
頭の後ろから呼ばれる、鳥肌が立つような呼び方。


何も気づいてない。
誰も私のことなんて呼んでいない。


確かに聞こえた、自分の名前には何も気づいていないふりをして、私はそのままパソコンに置かれた指を動かし続けた。


「え、シカト?」
「……」


さっきより、明らかに近くなった声。

あー嫌だ。



「玲奈」

「……勝手に人を、名前で呼び捨てにしないでください」



これ以上無視することのほうが、身の危険を感じ、
振り返ることなく、その声の主へと返事をした。


「やっぱ聞こえてたんじゃん。わざと?」
「用件はなんですか?」


相手の質問には答えない。
冷たく言い放った言葉に、彼はそのままの調子で口を開いた。


「今日の夜は空い……」
「空いてません」


そして、分かり切っていた質問に、最後まで言わせることなく返事をした。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2465
/ 301ページ
このページを編集する