好きになんか、なってやらない【完】

10章 ドキドキ

 
ブー、ブー……


「……ん…」


部屋に響きわたる、振動の音。

いつから鳴っているか分からないそれに、私はゆっくり意識を覚醒させられた。


電話?


いつまでも響き続ける携帯電話。
メールやラインなら、一回のバイブ音で終わるはずだ。
だけどそれは、いつまで経っても響き続けていて……


「うわ……」


拾い上げたディスプレイに映る名前に、思わず声が漏れた。


【岬凌太】


昔、強引に交換させられた番号。

ラインはよく来ていたけど、電話が来ることは稀だった。


今日は土曜日。
どうしてこんな休みの日まで、彼の存在からスタートさせないといけないんだろう……と思いながらも、いっこうに止まないバイブ音に、終止符を打った。



「……もしも……」

《やっと出たか》



私が話しきる前に遮った言葉。

受話器越しに聞こえる彼の声は、若干苛立ちを感じさせた。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2473
/ 301ページ
このページを編集する