好きになんか、なってやらない【完】

 
「わ、私は十分素直ですけど」
「お、少し動揺してる」
「してません」
「そういうとこだよ。素直じゃねぇのは」
「……」


必死に反論しても、するりとそれを交わされてしまう。

素直になっているつもりでも、どこか天邪鬼になってしまう自分がいるのも確かで、そしてそれは岬さんの前でだけ。


「玲奈」
「なんですか」
「今度は玲奈からキスして」
「なっ……そんなのしません!」
「きっとそのうちしたくなるよ」
「なりませんっ」


まるで、私以上に私を分かっているかのように、当たり前のようにそんなことを言う。


岬さんにキスしたくなるなんて、
そんなこと、ありえない。

キスしたくなるってことは、相手を好きになっているからということで……


「……」


そこまで考えて、頭がフリーズ。

だって私は、岬さんから何度もキスをされている。
そこに含まれている意味は……?


「ん?何?」


急に固まったまま、岬さんを見上げていると、不思議そうに彼も私を見返してくる。


そんなわけない……
彼の場合は、ただの女たらし。


「もう知りません。帰ります!」


だから絶対に、
好きになんか、なってやらない。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 274
  • 2484
/ 301ページ
このページを編集する