好きになんか、なってやらない【完】

 
「何す……」
「はい。これ」
「え?」


突然、焦点が合わないほどの距離に差し出された物体。

人間の本能的に、咄嗟に手が出て、その黒い物体を手に取ってしまった。


「なんですか、これ……」


手に取った物体を、焦点が合う距離まで離し、じっと見つめる。

どうやらそれは、黒猫のぬいぐるみのようだ。


「豚?」
「猫でしょ!」
「分かってんなら聞くなよ」


そういう意味じゃないよ!

心の中で即突っ込んだけど、それすらも疲れる。


「玲奈に似てねぇ?
 家の近くのゲーセンにあって、思わず取っちまった」

「え……」


それを言われて、再びその黒猫を見る。

三白眼になって、じっと睨んでいるような目をしている黒猫。
可愛らしいというよりは、憎たらしい……。


「確かにー!玲奈っぽい」
「でしょ?他にも、白とかミケとかあったんだけど、絶対に黒!って思って」
「……」


勝手に人のイメージで盛り上がる二人。


ねえ、これって喜んでいいところ?
 

0
  • しおりをはさむ
  • 274
  • 2484
/ 301ページ
このページを編集する