好きになんか、なってやらない【完】

13章 気付いた気持ち

 
「………ん…」


ふと、日の光を感じて意識を取り戻した。


もう朝か……。


ゆっくりと瞼を開けて、今日も仕事だと体に言い聞かせる。

けど……


「え……?」


目を開けた先の光景を見て、一気に頭が覚醒した。


ここどこ……!?


ガバッと起き上がって、辺りを見渡す。

カーテンの隙間から朝日が差し込んでいるだけで、部屋の中はまだ薄暗い。

深い青色に統一され、私の部屋よりも少しだけ広い部屋模様。

ベッドの先に見える、一つのソファー。
そこから投げされている脚。

そっとベッドから降りて、ソファーへと近づいた。
そこにいたのは……


「……陽平…?」


ブランケットを一枚だけかけた陽平が、スヤスヤと眠っていた。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2473
/ 301ページ
このページを編集する