好きになんか、なってやらない【完】

14章 ゲームオーバー

 
「じゃあ、行きましょー!」
「はいよ。今日は終電で帰さねぇよ?」
「えー、じゃあ責任とって泊めてくださいね」


きゃぴきゃぴした声とともに、一つの輪がフロアを出て行った。

エレベーターに乗り込むまで、その黄色い声がなくなることはなくて……


「玲奈。今日飲みに行くよ」
「え?」
「いいから」


ようやくその声がなくなった途端、隣にいた真央が半ば強引に誘ってきた。

なんとなく、真央がいきなり私を飲みに誘ったのか、分かってしまった。








「お疲れ」
「お疲れ」


会社の近くの居酒屋。

一通り仕事を終え、真央と二人で来ていた。


「あー、やっぱビールはうまい」
「親父くさ」
「自分だってビールのくせに」


私と真央に、甘いカシスオレンジとか不要だ。

いつもビールから始まり、中盤には日本酒へと切り替わる。


「さてと……今日はとことん吐いてもらうよ!」


ドンとジョッキをテーブルに置いた途端、いきなり真央の尋問が始まった。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2474
/ 301ページ
このページを編集する