好きになんか、なってやらない【完】

 




「………え…?」


これは、錯覚だろうか……。

今目の前にいる人は誰?


オートロックの扉を開けて、エレベーターに乗り込み6階へと降りる。

自分の部屋の前。
そこにたたずむ一つの影。

ショックのあまり、自分の目がイカれたんだと確信した。

けど、私の存在に気づくと、その影は……



「おせーよ」



眉を少ししかめて、半笑いで私を出迎えた。


「み、岬さん……?」
「何、幽霊見てるみたいな顔してんの?」
「え。いやっ……だって……」


それはそうだ。

だって私は、確かに駅で彼から逃げるように電車に乗り込み、先に帰ったはずだった。

そんな彼が、私よりも先に、この家の前にいるなんて……


「タクシー乗ってきた。玲奈より先に着くのは予想外だったけど。
 オートロックのエントランスは、ちょうどマンションに入ってく人がいたから、しれっとした顔で一緒に入っただけ」


当たり前のように言ってるけど、完全に不審者と同じだし。


ってか……
そんなことどうでもいいんですけど。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2468
/ 301ページ
このページを編集する