好きになんか、なってやらない【完】

3章 靡かない

 
「うわ……」
「見事な一声」


帰りのホーム。
いつもの定位置へと向かうと、そこには社内で一番顔を合わせたくない男が……。


「……お疲れ様です」
「っておいっ。どこ行くんだよ」
「私、一番前の車両に乗りたいんで」
「じゃあ、俺もそうしよ」
「……」


私の小さな抵抗は、無駄なあがき。

発言してしまったからには仕方なく、一番前の車両へと向かう私の後ろには、岬さんがついてきた。


「っていうか、なんでいるんですか?結構前に帰ったと思ったんですけど」
「ちょっとコンビニで雑誌読んでた。ってか、俺のこと見てたんだね」
「自惚れないでください。あなたが帰ると、周りの女子が必要以上に声をかけるので、すぐに分かるんです」
「それを見て、玲奈はヤキモチを妬くと」
「だから自惚れんな。あ…すみません」
「くくっ……」


ついつい、苛立って言葉づかいを悪くしてしまい、慌てて謝ると、それを見て岬さんは面白そうに笑っていた。

あーなんだかこのまま、敬語を捨ててしまいたいくらい。


「……岬さんは…」
「凌太」
「はい?」
「いい加減、俺のこと、名前で呼んでよ」
「なんでですか」
「玲奈には名前で呼ばれたいから」
「……」


こっちは、玲奈と呼ばれることは不愉快だ。

そんな想いを込めて、しらっと言い切る岬さんを呆れた表情で見上げた。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2473
/ 301ページ
このページを編集する