好きになんか、なってやらない【完】

18章 過去の影

 
「そーいえばさ」
「こら、動くな」


次の日の朝……といっても、もうお昼近く。
同じベッドで起きた私と凌太は、テーブルの前で向かい合って座っている。

しゃべりかけようと顔を傾けたら、凌太に注意された。

その理由とは、


「動いたら、変な位置にアイライン入れるぞ」
「そしたら全部落とす」
「てめっ……人がせっかく手の込んだことしてやってんのに……」


凌太が私の顔に、メイクをしているからだ。


誕生日を迎えた今日。
なにやら、デートをすると一日のスケジュールは勝手に抑えられていた。

まあ、前日から泊まっていたから、それは分かってはいたけど。


そして昨日なんとなくつぶやいていたことは実現されていて、凌太はせっせと人にメイクを施している。


「よし。あとは……これだよな」
「……うん」


最後に手にとったのは、真央がくれた口紅。

淡いオレンジ色の、褐色のいい明るい色だ。


「真央ちゃん、玲奈のことよく分かってんな。
 可愛すぎるピンクとか選ばないとことか」

「そうなの?」

「ああ。玲奈の場合、顔立ちがはっきりしてるから、可愛い系のメイクより綺麗目のほうが合ってる。
 濃い赤でもいいんじゃね」

「そう……」


そんなこと言われても、さっぱり分からない。
なんたって今まで、ちゃんとした化粧品を持ったことがないから。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2473
/ 301ページ
このページを編集する