好きになんか、なってやらない【完】

 
「今日は優しいんだ、玲奈」
「いつも優しいよ」
「嘘つけ」


肩にもたれかかった凌太は、私の相槌を聞いて笑っている。
そんな笑顔は好き。


「……何?」


気づけば、凌太もじーっと人の顔を見上げていて、ちょっとだけたじろいでしまう。


「すっぴん」


そしてニヤッと笑って一言。


「いちいち言わないでよ」
「久々。玲奈のすっぴん」
「凌太が化粧して会社に行けって言ったんでしょ」
「そうだけど」


私だって、できるならすっぴんのまま会社へ行きたい。
そうすれば朝も楽だし、いつでも目をこすれる。

でも一度化粧をすると、確かに少なからずすっぴんを人に見せるのに抵抗が出てきて……


「あまりじろじろ見ないで」


凌太のように、綺麗な顔立ちの人に顔をじっと見られるのは恥ずかしい。


「なんで?」
「なんでも」


言わなくたって察して。
心の中で文句を言い、凌太から目を逸らした。

だけど凌太はぎゅっと抱きしめてきて、



「でも、玲奈の顔、超好き」



そんな言葉を吐いた。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 274
  • 2481
/ 301ページ
このページを編集する