好きになんか、なってやらない【完】

20章 未練

 
「玲奈、最近何かあったのー?」


仕事も終わりかけ。
隣にいた真央から突然の発言。


「え?何もないよ。なんで?」
「なんか元気ないように見えるから」
「……そうかな」


まさかの振りに、こっちが首をかしげてしまった。

何もないと思ってる。
だからいつも通りしているつもり。

けど……


「ま、何か悩んでるんだったら、いつでも話聞くからね」
「ありがと」


多分、自分では抑えきれてない不安が、少しだけ漏れているんだろうか……。

きっとそれは、美空さんのことだ。


「とりあえず大丈夫だから」
「ならいいけど」


でもだからといって、本当に何もない。

あれから、凌太の態度がおかしいと思ったこともないし
変わらず意地悪な愛情を向けてきている。

だからこれで不安になんかなったら、相手に失礼だ。


「終わった。私は帰るけど」
「ごめん、まだ無理ー。今日は終電クラスかも」
「そっか。頑張ってね」
「はーい」


忙しそうに手を動かす真央に別れの言葉を言いながら、モニター画面に映る「退社」ボタンを押した。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2474
/ 301ページ
このページを編集する