好きになんか、なってやらない【完】

 
一人エレベーターに乗り込んで、さっさと帰路につこうと思った。

今日は凌太は外回りからの直帰。
だから多分、もう家に帰っているかもしれない。

そんな日は、下手に会社で呼び止められることもなく、さっさと帰れた。

そのはずだったけど……



「……」



エレベーターを降りて、一人の影に目がいった。

端の壁にもたれかかりながら、帽子を深くかぶった女の人。
すらりと伸びる足が綺麗で、一瞬にしてそれが誰なのか分かってしまった。

思わず立ち止まってしまった足。
それに気づいた彼女。

彼女はつかつかと前へ歩き出すと、私の前に立ちはだかった。


「こんばんは」

「……こんばんは」


帽子を少しだけ上げて顔を見せた彼女は、
予想した通り……美空さんだった。


「……凌太なら、今日は直帰だと思うので、会社にいませんよ」
「いいの。用があるのはあなただから」
「……」


ああ、嫌な予感。
めんどくさいことにならなければいいけど……。


心の中で深いため息を吐きながら
逃げる術を思いつけなくて、仕方なしに美空さんと近くのカフェでお茶をすることになった。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 274
  • 2481
/ 301ページ
このページを編集する