好きになんか、なってやらない【完】

21章 バイバイ

 
「……」


次に目を覚ました時には
部屋の中は完全に明るくなっていた。


あれからなかなか寝付けなかった夜。
すぐに隣に凌太が布団に入ってくる気配を感じたけど、寝たふりをし続け、彼が頭を撫でる行為にも身じろぎひとつしなかった。


ようやく寝つけたのは、部屋が薄明るくなってきたときで、シャワーも浴び損ねた。


起き上がった体。
静かすぎる部屋。

隣には、また凌太の姿はない。


コンビニでも行ったのだろうか……。


休みの日、先に起きた凌太がコンビニに行っていないのはよくあること。
今回もその類だと思い、とくに気にすることなく、一人シャワーへと向かった。


ベタベタな体。
汗もいっぱいかいたらしい。


前日分の汚れと
ひどく寝汗をかいた体をシャワーで洗い流し
うじうじしている自分に喝を入れた。


こんなの私らしくない。

凌太がコンビニから帰ってきたら、正面から聞いてやろう。


ピアスの存在を……。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2473
/ 301ページ
このページを編集する