好きになんか、なってやらない【完】

22章 負けたくない

 
「あ、れ……」


虚ろなまま、歩き続きた自分。
目的もなく、ただ歩いてたどり着いた場所にハッとした。


「なんで私……」


たどり着いた場所。
そこは……以前、凌太と一緒に、雑誌のインタビューを受けたスタジオの前だった。


そして凌太と美空さんが、再会した場所……。


どうしてこんなところに来てしまったんだろうか……。
ここに来れば、美空さんに会えると思ったからなのだろうか……。


美空さんに会ったところで
何も言えず、負け犬となってしまうだけなのに……。



「ん?……玲奈ちゃん?」



ふいに聞こえた自分の名前。

振り返ると、何度か会ったことのある人物が立っていて……



「あ……お久しぶりです。押尾さん」



私と凌太を撮ってくれた、カメラマンの押尾さんがいた。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2466
/ 301ページ
このページを編集する