好きになんか、なってやらない【完】

 
「じゃ、あたしは仕事に行くから。
 もう用はないんでしょ?」

「あ……は、い……」


さらりとなびかせた髪。
それと同時に、きらりと光った滴。


それを涙だと理解するときには、もう美空さんの顔に涙は似合わない顔つきになっていて……


「あたし、アンタみたいな女、大嫌いだったの。
 何も努力もしないで、愛されるのが当たり前だと思っている女」

「……」

「けど……
 怖気ず、喧嘩ふっかけてくる女は嫌いじゃないわ」

「美空さん……」


それだけ言うと、美空さんはふんと笑って私に背を向けた。




彼女と凌太の間に、何があったのかは結局分からない。

ピアスを返した本当の理由も
その先に何があったのかも

結局何一つ分かってない。


けど……



「負けたくない」



まだまだ自分にはやらないといけないことがたくさんある。

背を向ける美空さんに、自分も背を向けて走り出した。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 274
  • 2481
/ 301ページ
このページを編集する