好きになんか、なってやらない【完】

最終章 君が好き

 
「話は終わったのか?」
「押尾さんっ!……はい、ありがとうございました」


美空さんと別れてスタジオから出ると、煙草を吹かしながら壁にもたれかかっている押尾さんがいた。


「どうだ?勝てたか?」
「それは分かりません。
 勝敗を決めるのは、凌太ですから」


たとえ私がどんなに強気に美空さんに言いきったって、凌太の心が彼女に向いているなら勝ち目はない。


「だけど、思いきり、売られた喧嘩を買ってきました」

「……そうか」


先に宣戦布告をしてきたのは美空さんのほう。

何も言えなかったあの時。
だけど今日は、言いたいことを全部伝えられた。


「それじゃあ、私は帰りますね。
 ありがとうございました」


最後に深く頭を下げて、押尾さんへと感謝の気持ちを伝えた。

彼がいたから、自分のバカさに気づけた。
物事を、ストレートにぶつけてくる押尾さんだったから……。



「玲奈っ……!!」



頭を上げる一歩手前。

突然聞こえた声。


まさかのその声に、驚いて顔を上げた。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2465
/ 301ページ
このページを編集する