好きになんか、なってやらない【完】

7章 トラウマの彼

 
「玲奈ー」
「嫌。帰る」


週末になって、真央と飲みに行った店の前。

今日こそは、気楽に飲めるかと思っていたのに、その願いは虚しく終わっていて……


「伊藤さんと山下さんじゃん!一緒に飲もうよ」


最悪にも、真央と二人で向かった店には、すでに先客。
先輩方々が、案内された隣の席で飲んでいた。


その先輩の中には、当たり前のように岬さんの姿があって、私はさっと進行方向を変え、店内の出入り口に。
それを慌てて、真央が追ってきていた。


「私、今究極に岬さんとプライベートで顔合わせたくないの」
「そんなの昔からじゃん。いつもと同じように軽くあしらえばいいでしょ」
「そういう問題じゃない。昔よりもずっと嫌」


あのキスをされて以来、さらに警戒心を強めた。

少しでも隙を見せれば、またキスをされてしまうんじゃないかと思ってしまう。


「お願い、玲奈。柿本さんがいるんだもん。一緒に飲みたいよー」
「……」


それを言われてしまえば、こっちも断りづらくなる。

真央は岬さんもカッコいいとよくはしゃいでいるけど、実は柿本さん派。
入社当初から憧れてて、彼氏のいない今では、憧れが恋心へと変わりつつある。

そんな親友の恋心でお願いをされてしまっては、こっちも断りづらい。

けど……



「なーに逃げようとしてんの?」



最低最悪。

私が決断する前に、さっと目の前に私の視界を塞ぐ男がいた。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2473
/ 301ページ
このページを編集する