好きになんか、なってやらない【完】

 
大嫌いだったはずの彼の腕が
今は何よりも温かく、居心地がよくて……


「ぅっ……ぁっ……」


一番涙を見せたくない相手の腕の中で
私は子供のように泣きじゃくった。




モテる人は信じられない。

すぐに下心を見せる男は問題外。



彼は私の苦手な男。

信じたら、またバカを見てしまいそうな相手。


分かっているけど……




「玲奈。……俺はもう二度と、玲奈を騙すようなことはしないから」




彼のその言葉が
本物に聞こえてしまう私は

バカな女なのだろうか。

 

0
  • しおりをはさむ
  • 274
  • 2481
/ 301ページ
このページを編集する