好きになんか、なってやらない【完】

8章 彼の心

 
抱きしめるつもりなんかなかった。


だけど……


気がついたら俺は

彼女を自分の手の中におさめていたんだ―――。




    ***



玲奈に出逢ったのは3年前。

その時入ってきた新卒の中で、一番目立たないような存在だった。

だけどすぐに分かった。
目立たないし、地味だけど
アイツの持っている容姿は結構なものだ。

シミひとつない肌に、ダメージのない髪。
切れ長の大人びた二重瞼に、通った鼻筋。

いうなれば、大和撫子のような、簡単には人は近づいていけないような、そんな雰囲気も持っていた。


入ってきた新卒の女子たちは、やっぱり一度は俺を見て騒ぐ。
凌太派か、裕樹派か。
だけどたとえ裕樹派の女に声をかけても、ポッと頬を赤らめ、嬉しそうに俺と話す。

それが当たり前だった。


だけど玲奈は違って……
俺にも裕樹にも興味がない。

興味がないふりをしているだけかと思って、話しかけて見ても
頬を赤らめるどころか、これ以上話しかけるなオーラさえ放たれる。

照れているわけでも、
きょどっているわけでもない。

単純に、俺に興味がないのだ。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 272
  • 2474
/ 301ページ
このページを編集する