好きになんか、なってやらない【完】

 
稀に見るそんな女の態度に、
俺のプライドに火が付いた。


興味がないのなら、興味があるようにしてやる。


それから事あるごとに玲奈へと話しかけた。

そのたびに嫌な顔を見せる女。


露骨に見せるその歪んだ表情も
だんだんあからさまになっていく憎まれ口も
カチンと来て、絶対にこいつを俺に落としてやる、とムキになっていく。


中途半端な状態では、絶対にコイツは落ちない。

なら、全社員味方につけて、俺はこいつに惚れこんでるんだと思わせよう。

そう思って、あからさまに玲奈へとアタック開始。
遊びで付き合っていた女ともとりあえず全部切った。


今の俺は、誰がどう見ても
玲奈一筋の男。

こんだけのモテ男が、
一途に自分を想ってくれれば落ちない女はいない。


そう確信していたのに

《自惚れないでください》
《気軽に名前で呼ばないで》

この女、全然おちねぇ……。



正直、すげぇムカついたし
さっさと落として、こっぴどく振ってやりたい。


そう思っていたのに……


《少しだけ……
 信じて、ますよ……》

 
玲奈にそう言われて
胸がすげぇ痛んだんだ……。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 274
  • 2481
/ 301ページ
このページを編集する