好きになんか、なってやらない【完】

 
なんだろうな、この感じ。

キスなんて、
数えられないくらい経験してるのに
ファーストキスよりももっと心に残る。


唇から伝わる体温も
手の中におさまる温もりも

どっちのものか分からないほど、溶け合うみたいで……


きっと玲奈も
そう感じてくれているはず………




「っ……だからいい加減にしてくださいっ!!」




パーン!と響く平手打ちの音。

ジンジンと痛む左頬。


パチクリと目を見開く先には
キッと睨みあげる玲奈の姿があって……



「気軽にほいほいキスしないで!」



俺からのキスに、紅潮とか一切させない生意気な姿。


「この自惚れ男」
「……このアマ…」


ダメだ、やっぱり。



俺はこいつが
とことんムカツク。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 274
  • 2484
/ 301ページ
このページを編集する