好きになんか、なってやらない【完】

9章 やり直したい

 
「玲奈ー」


お昼休みの時間になって、
ふと顔を上げると、営業部の同期の子たちが。

普段外回りが多いので、こうやって私のもとに来るのは稀である。


「何?どうしたの?」
「ランチ、一緒にどうかなー、と思って」


意外だ。
ランチを一緒にするためにここまで誘いに来るなんて……。

決して仲が悪いわけじゃないけど
さすがに4年目となると、同期だからという理由で一緒にランチをしたりすることは少ない。


「べつにいいけど」
「よかったー。それでさ!せっかくだから、凌太さんなんかも誘ったりしない?」
「は?」


言われて、理解出来た。

私をランチに誘ったのは、決して私とお昼ご飯を食べたかったわけではない。

この子らの目的の先には、岬凌太がいる。


「しない」
「そんなこと言わずにさー!」


岬さんと一緒にランチが出来ないのなら、私を誘った意味はなくなるんだろう。

だけどできるなら、私はこれ以上岬さんに関わりたくない。


心を鬼に……
とまでは、さすがにいかなかったので、


「ちょっと待ってて」


私は、自分のデスクの前に営業の子らを残して、岬さんのもとへと向かった。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 271
  • 2463
/ 301ページ
このページを編集する