好きになんか、なってやらない【完】

 
「お疲れ様です」
「ん?おー、お疲れ」


私が、わざわざ岬さんのもとまで来たことが意外だったのか、一瞬だけ驚いた表情を見せた岬さん。

その表情には気づかないふりをして、さっさと本題へと入った。


「岬さん、今からランチに行けます?」
「え?まあ……」
「じゃあ、行きましょう」
「は?あ、うん」


いきなりの誘い。
周りの人も、ちょっとだけぽかんとしている。


それも当たり前だ。
私は、社内でも一切岬さんをスルーしている人間。

そんな私が、自ら岬さんを誘っているんだから。


岬さんを後ろに引きつれて、自分のデスクの前で待つ営業部のもとへ。

二人は岬さんを目の前にして、きゃっきゃ黄色い声をあげている。


「大丈夫だって。じゃあ、行ってきなよ」
「え?」
「は?」


私の声掛けに、きょとんとさせる三人。

そんな三人を一度見やると、


「私はまだ、やらないといけない仕事があるので。
 岬さん、この子らお願いします」

「……そういうことかよ。わかったわかった」


岬さんは目を細めて若干苛立ちを見せたけど、すぐにいつもの笑顔を見せた。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 274
  • 2484
/ 301ページ
このページを編集する