それが罪だとしても…【完】

美憂
恋愛 289ページ(完結) 124638字 更新日 2015/03/25 読者 209631人 公開 0 0

 
目が覚めたら、知らない部屋だった。


「お目覚め?」
「だ、れ……?あたし、なんでここに……」
「俺がお前を誘拐したから」


気づけばあたしは、見知らぬ男に誘拐されていた。


足枷のついたこの身。
自分の世界はこの真っ白な部屋。


「家に帰して」
「ダメ。お前はもう、俺のものだから」


じゃらりと奏でる鎖の音。
あたしの体を捉える鋭い瞳。



「愛してやろうか」



捕らわれたのは、きっと体だけじゃない。

凍てつくような瞳に
あたしは最初から心も捉われている。


だけど決して忘れてはいけない。



「お願い……。愛して」



彼が……

誘拐犯であることを―――。

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 171
  • 2469
このページを編集する