それが罪だとしても…【完】

1章 誘拐

 
《アンタの顔見てるとイライラするっ……》

《消えて!今すぐ私の目の前から消えてっ!!》


痛い。
痛い痛い痛い……。


殴られる腕。
踏まれる足。


なじられる……心。


《柚。大好きよ。
 柚は私の宝物》


大丈夫。
そう言って、また優しく抱きしめてくれるから……。



「いい?今日はここから出るんじゃないよ。
 そうすれば、もう楽になれるから」

「………うん…」



そう。
言いつけを守っていれば、きっと褒めてくれる。



変なにおいが部屋に充満している。
息がなんとなく苦しい。

だけど大丈夫。

さっきお薬飲んだから……。


このまま逆らわず……
深い眠りに……。


きっと悪夢から
目を覚ますことができるから……。

 

   ***

 

0
  • しおりをはさむ
  • 172
  • 2474
/ 289ページ
このページを編集する