発情注意報!!【完】

14章 逃げ道

 
「さ…くら……?」


朝、一人机に向かって参考書と向き合っていると、頭上から声が聞こえた。

その声に耳を傾け、睨んでいた参考書を下げると、私の名を呼んだ彼女を見上げる。


「おはよう、美咲」

「おはよ…って、どうしたの!その格好!!」


肩をガッと掴んで、体全体を揺さぶらんばかりに問い詰める美咲。

朝からその力はきついわ。


「どうも別に。元に戻っただけだよ」
「元に戻ったって……。だってせっかく可愛くなったのに……」


美咲が嘆くのも無理はない。

美咲が問い詰めてくる前にも、ヒシヒシとクラスメートの視線を感じていたから。


私の格好は、メガネに三つ編み。


そう。
ちょっと前の自分に戻ったのだ。


切ってしまったスカート丈はさすがに戻せず、そこだけは他の子と同じくらいだけど、化粧っけもない顔に色気のないメガネ。そしてきつく編まれた三つ編みに、自分で言うのもなんだけど、昨日までの自分とは別人だ。


「どうしてまた……」

「……もう、意味がなくなったから」

「えっ……」


私の返しに、美咲もなんとなく感づいたらしい。

言葉を失った美咲に微笑みかけると、トンと背中を押して、自分の席へと促した。



今はもう、
勉強だけに集中していたい。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 329
  • 2465
/ 238ページ
このページを編集する