発情注意報!!【完】

15章 それでも…

 
「学級委員ー。今日の世界史だが、いつもの資料を使うそうだから、用意してほしいとのことだ」
「分かりました」


朝のHR、担任から告げられ、資料室に行かなくてはいけないことに溜息をついた。


あんなに恋しかった資料室が
今は一番避けたい場所。

だけど私情で、学級委員という立場を投げ出すわけにも行かず、世界史の5時間目になる前の昼休み、距離を置いていた資料室へと向かった。



ガラ……

扉は、いつものように抵抗なく開いた。

だけど中は静まりかえっていて、人の気配は感じられない。


よかった…。
さすがに今、新先輩が他の女の人とイチャついている姿を見る覚悟はないや。


喘ぎ声が聞こえたら、即座に引き返そうと思ったけど、その必要はないようだった。


頼まれていた資料を手に取ると、なんとなく奥へ踏み入れた。


いつのもの場所。
始まりの場所。
求めた場所。


もうそこには、私が求める彼はいないけど……



「っ……」



思わず、声が出そうになった。

棚の上には、堂々と寝転ぶように、新先輩が寝ていた。
 

0
  • しおりをはさむ
  • 329
  • 2465
/ 238ページ
このページを編集する