発情注意報!!【完】

最終章 たった一人

 
     ***


 
幸せを感じた。

生まれて初めて、心から満たされた気がした。


子供の頃に受けたトラウマが
女を信じきることが出来なくなっていて……


ずっと心にぽっかりと穴が空いた気分だった。


誰を抱いても
何度抱いても

穴の空いた俺の心が、満たされることはない。



(だから責任、ちゃんと取ってください)



そう言って
人を射止めるような強い瞳。

ついさっきまでビクついていたくせに、その影のない別人の顔。


この女に出逢って
全てが変わる気がして……。



退屈だった俺の日々が
少しずつ満たされていく日々へと変わっていったんだ。
 








   ***
 

0
  • しおりをはさむ
  • 330
  • 2473
/ 238ページ
このページを編集する