黒の烏【完】

13)



「てめぇが考えてる事を全部言え」


私の視線の先には、妖艶の瞳の烏がいる。

私は今、違う意味での拷問を受けている。

大和と涼と拓海が部屋を出て行ってから、烏は私の身体を抱き上げると、プライベートルームに入り、私をベッドへと放り投げた。

そして、着ている物を全て脱ぐと、私の身体に覆いかぶさってきた。

それに反抗しようとは思わなかった。

ただ1つになりたいと言う思いが、私の中に湧いてきた。

私の思いに答える様に、烏は私の唇に自分の唇を重ね、私の口内に烏の舌先を捩込んできた。

それさえも心地好いと思う。

0
  • しおりをはさむ
  • 753
  • 3409
/ 291ページ
このページを編集する