黒の烏【完】

14)



私の記憶は確実に、全てを思い出している。

私が施設に放火して逃げた時に、力尽きた私を助けてくれたのは………源さん。

そして、私を妹だと言って、源さんの所に私を引き取りに来たのが美里。

それに対して抵抗しなかったのは、抵抗する気力がなかったからだ。

そんな私を疑う事をせずに、美里は私にパソコンの操作の仕方を教えてくれた。

隠し部屋を、私の部屋にしたのは、美里の店に来る客を、私に会わせたくなかったからだ。

昔からある店舗を、借りて改装した後に、隣にビルが建った。

だから、ビルが建つ前は、裏口からすんなり出れたけど、ビルが建った事で裏口から出ても、狭い隙間を通らないと、外には出れない。

0
  • しおりをはさむ
  • 758
  • 3436
/ 291ページ
このページを編集する