天上天下唯我独尊【完】

12)



『蝶、俺は今回の事で分かった。

俺が継ぐのは、貴島組じゃねぇと言う事に。

俺が、継いでいかねぇとなんねぇのは、煌蓮と言う組織団体だ』
 

強い眼差しで、そう言った煌牙の言葉を聞いた時、素直に嬉しいと感じた。

それに、私の気持ちを優先してくれる煌牙は、どこまでも親思いの子だと思った。


「あんたにとっては、良かったんじゃないの。

もしかしたら、貴島煌弥は、煌牙自身が気づくように、仕掛けたのかも知れないわよ」
 

気づいたら、美里のそんな言葉に、強く頷く私がいた。

0
  • しおりをはさむ
  • 1225
  • 3377
/ 435ページ
このページを編集する