天上天下唯我独尊【完】

4)



煌牙が7歳、忍星が2歳、煌希が1歳の年の6月6日に、私は3400gの男の子を産んだ。


「なまえは、大きなきばと、かいて、大牙(だいが)だ」 


そう言って、字を書いた紙を、私に渡してくれたのは、煌牙。


「おれとカラスで、きめた」 


その後に、名前の由来も教えてくれた。

大きな牙で、悪い奴をやっつけるようにと言う意味があるらしい。

産まれて来た赤ちゃんに、名前がつくだけで、また新しい家族が増えたと、改めて思える。

そう思う私に『かえる』と言った煌牙は、一緒に来た大和と涼と帰って行った。

0
  • しおりをはさむ
  • 1225
  • 3377
/ 435ページ
このページを編集する