だから私は貴方に騙される 上

慣れてきた生活 /周りの環境

黒須さんと生活していく中で今までのギチギチしていた私の金銭感覚が緩み始めてきました。
もちろん、良い意味で。

だからちゃんと社会人らしく持ちものとかに気を配れるし、何だか良い感じ。
いつものポニーテールもリボンを付けたりとちょっとポイントアップです。





「あー……半日終わった……」

現在の時刻はお昼前の11時。
昨日は夜勤明けで不覚にも寝過ぎてしまい、ようやく寝たのは多分朝方の3時半くらい。
そこからお昼前まで寝ちゃった。

今月は夜勤回数が多かったから殆ど、夜勤明け休みなんだよなぁ。

だから、夜勤明けに寝過ぎると昼夜逆転して日勤業務が大変になっちゃう。

それに、休みが半日なくなるのは何か勿体無い。

って言っても、何にもやる事はないのだけどダラダラして、時の流れを感じたかった。

「………とりあえず、今日は………」

家の中の掃除にお洗濯。
そして、

「よし!快晴!」

黒須さんのお布団を干すこと。

マットレスはファブイーズを使っての除菌ですが。

シーツとかを洗います。

本当は今日ダラダラしたかったです。

しかし、この快晴を見てしまってはやるしかない。

まぁいつかはやりたかったからね!

………本当はもっと早くやるつもりでしだが。

とにかく、時間が出来て私にやる気が出たことだしやりましょう。


さぁやりますよ!




0
  • しおりをはさむ
  • 776
  • 419
/ 316ページ
このページを編集する