HEAVEN'S KISS Ⅰ【完】

SweetKiss /昴side


「…どした?」


キスの後、唇を離すと美緒がジッと見上げてきた。


「……」


何も言わずに、オレの胸に顔を埋(うず)める。


「美緒?」


オレの背中に回された手が、微かに震えていた。


「どうしたんだよ」


聞いても、美緒は首を振って答えようとしない。


「美緒」


細い肩を掴んで、胸元からそっと体を離した。


覗き込むと、潤んだ瞳が揺れていた。


0
  • しおりをはさむ
  • 1316
  • 936
/ 428ページ
このページを編集する