HEAVEN'S KISS Ⅰ【完】

この間あんな別れ方をしたからかなり気まずかったけど、


真奈美はそんな事忘れてるかのように…


ニコニコと“笑っていない”瞳でオレを見上げる。


美緒の存在に一切触れようとしない真奈美が、嬉しそうな口調で話しかけてきた。


「あたし、彼氏と別れたから」

「…え?」

「だからいつでも昴くんと付き合えるよ?」




これは本当に真奈美なのか…?





0
  • しおりをはさむ
  • 1317
  • 936
/ 428ページ
このページを編集する