HEAVEN'S KISS Ⅰ【完】

LiarKiss /美緒side


シャーッ…


熱いお湯が、体を流れ落ちる。


あたしは思い切り、頭からかぶっていた。


今すぐ記憶から消したい。


昴の制服から落ちたあの鍵。


一瞬動揺した昴が、笑ってついた嘘。


制服に微かに残る知らない香り。



あたしの願いはたった1つ。



昴のそばにいたい。




だから、忘れよう…。






0
  • しおりをはさむ
  • 1337
  • 978
/ 428ページ
このページを編集する