HEAVEN'S KISS Ⅰ【完】

BreakKiss /美緒side


昴と付き合い始めて、2ヶ月が経(た)とうとしていた。


大好きな人と過ごす毎日は、楽し過ぎてあっと言う間に過ぎていく。


一緒にいることが当たり前になり、最初の頃のような不安は消えたけれど…


幸せな時間は、その裏にあるものを忘れさせる。



本当は―…



あたしは何も知らずに、昴の腕の中で安心しきっていた幸せ者だった。


目に前にあることが全てだと思っていた、



ただの幸せ者…





0
  • しおりをはさむ
  • 1316
  • 936
/ 428ページ
このページを編集する