HEAVEN'S KISS Ⅰ【完】

「お前だけって言っただろ」


そう言うと、一瞬目を見開いた美緒は、その綺麗な瞳を潤ませていった。


オレは美緒の頬に流れ落ちる涙を指でそっと拭ってから、


泣き崩れる真奈美に振り返った―…



オレ、最低だよな。


だけど、


一途に美緒を想う遼の前で、半端なことはしたくなかった。

0
  • しおりをはさむ
  • 1339
  • 978
/ 428ページ
このページを編集する