HEAVEN'S KISS Ⅰ【完】

BreakKiss /美緒side


“放さない”


唇を塞がれた時。


嬉しいはずなのに、あたしの瞳からは何故か涙が溢れた。


こんなにも想っているのに…どうして…?


伝わらないのがもどかしい。


薄茶色の瞳が不安に歪むのを見るのが辛い。


何かを埋める為のキスが…


苦しい。


『今日、帰らない』


そうメールを送った後、


あたしは携帯の電源を落とした。


0
  • しおりをはさむ
  • 1316
  • 936
/ 428ページ
このページを編集する