HEAVEN'S KISS Ⅱ【完結】

MyFantasyKiss /昴side


エレベーターのドアが閉まり切る前に、後ろから包むように抱き締めた。


「みんな喜んでくれたな」


「うん…っ」と頷き、回されたオレの腕をギュッと掴む指先。


相変わらずの泣き虫にフッと笑い、顔を傾け頬にキスをした。


「仕事…マジで辞めるのか?」


さっき気持ちを聞いたものの、まだ信じられなくて。


だけど返事は2度目もやはり同じだった。

0
  • しおりをはさむ
  • 729
  • 936
/ 287ページ
このページを編集する