HEAVEN'S KISS Ⅱ【完結】

OnceMoreKiss /昴side


緊張で強張る手を伸ばし真鍮の取っ手に触れると、その冷たい感触に少しだけ落ち着いた。


目を閉じ深く息を吸い、待ち望んでいたこの日を迎えられたことに、胸一杯感謝する。


ギイッ


重いドアを押し開けると、まるで待っていてくれたかのように響き渡る重厚なパイプオルガンの音色。


ステンドグラスから零れる虹色の光。


立ち並ぶキャンドルの温かい炎。


そして、沢山の花達に彩られたバージンロードの先には…


純白のドレスに身を包んだ彼女が、ヴェールの下で微笑んでいる。


この光景を夢見てた。


出会ってからずっと…


0
  • しおりをはさむ
  • 729
  • 936
/ 287ページ
このページを編集する