HEAVEN'S KISS Ⅱ【完結】

LoveTrapKiss /美緒side


リビングのドアを開けると、「おかえり」と優しい笑顔が振り向いた。


「ただいま。遅くなってごめんね」


テーブルの上には、ワインのボトルとグラスが出ている。


「飲んでたんだ」


「ちょっとな」


ストールを外しながらソファに座ってる昴の前に立つと、腰を引き寄せられ膝の上に乗せられる。


「酔ってる?」


「全然」


熱い目で見つめられこのまま身を委ねたくなるけど、近付いてくる唇を指で止めた。


「先にシャワー…」


「いいよそんなの」

0
  • しおりをはさむ
  • 729
  • 936
/ 287ページ
このページを編集する