LOVE&BEAT

HERO /里緒loves

大学のカフェでボンヤリ外を眺めていると、



「あれっ!?もう来てたの?」



「おはよ、里緒」



同じゼミの友達がきて、
「おはよう」と挨拶を返した。



「ねぇ!NAKEDの新曲聴いた?」



興奮気味に話し出す友達のその言葉に、
胸の奥がドクンッと音を立てる。



「あー…うん」



いまいち反応の薄いあたしにお構いなしで、



「ねえ、すっごいいいよねっ!」



「もー、大和の声最高!めちゃ切ない!」



そう言いながら、覚えたてのその曲を口ずさむから、
思わず耳を塞ぎたくなった。



本当は聴きたくない。



他の誰かを想って書いた曲なんて…


0
  • しおりをはさむ
  • 1190
  • 978
/ 698ページ
このページを編集する