LOVE&BEAT

HERO /大和beats


携帯を弄りながら歩いていると、スタジオの前で仲いいカメラマンに声を掛けられた。


「あれ?こんな所で珍しいな」


「おー。あいつは?」


「まだ中」


「サンキュー」


軽く手を挙げその場所へ足を踏み入れるとすでに片付けが始まっていて、その慌しい中に探してた奴はいた。


スタジオの隅で誰かと話してる横顔は、目立つからすぐ見つかる。


「れ…」と呼び掛けて、ふと足を止めた。


ソファの前で玲が見下ろしてる先には、制服姿の女の子。


共演したモデルかなんかだと思ったオレは、その正体に気付き頬を緩めた。


しばらく会わないうちに伸びたフワフワした髪は危なっかしい彼女そのもので、だからあいつがいつもそばで大切に見守ってた。


それが何でこんな場所にいるんだ?


しかも、うちの王子と一緒って…


面白すぎ。

0
  • しおりをはさむ
  • 1191
  • 979
/ 698ページ
このページを編集する